OMNIVISION

新しい世界を覗いてみませんか?世界最細(φ0.98mm)工業用内視鏡!!

2023.07.27(2023.10.16 更新)

こんにちは。
加賀デバイスのOMNIVISION Teamです。

今回ご紹介させて頂くのはSPIエンジニアリング社製世界最細(弊社調べ)の工業用内視鏡です。

HNL-0.98CAM120SQは、SPIエンジニアリングが開発した工業用内視鏡であり、
先端径がφ0.98mmでありながら、高解像度の400×400画素数を備えているため
超極細な穴や管の検査に使用することができます。


主な特長は以下の通りです:
1.内視鏡直径: 0.98㎜
2.広角レンズを搭載し、わずかな隙間から内部を広範囲に観察可能
3.カラーCMOSイメージングセンサを搭載
4.高輝度白色LEDを使用し、マニュアルで調光可能

HNL-0.98CAM120SQの仕様は以下の通りです:

型式     :HNL-0.98CAM120SQ
先端径    :φ0.98mm
焦点距離   :3〜30mm
視野角    :120°
照明     :白色LED(一部ライトガイド)調光機能付き
防水性    :防滴
推奨使用温度 :0〜50℃
画素数    :400×400
イメージセンサ:OCHTA10(OMNIVISION)
有効長    :標準45mm(先端硬質部φ0.98mm)
*製品URL :https://spieng.com/article/138/


ご興味がある方は、弊社までお問い合わせ頂ければと思います。
ご連絡をお待ちしております。

Small ISP(Image Signal Processor)のご紹介

用途により選べるタイプの超極細工業用内視鏡(φ1.3mm)の紹介

関連記事