OMNIVISION

1.8mmの直径で狭いスペースでも観察できる超極細工業用内視鏡の紹介

2023.07.27(2023.10.16 更新)

こんにちは。
加賀デバイスのOMNIVISION Teamです。

今回はSPIエンジニアリング社のφ1.8mm工業用内視鏡をご紹介させて頂きます。
HNL-1.8CAM120は、SPIエンジニアリングの製品開発コンセプトである
「シンプル・プレシジョン・イノベーション」を具現化した直径1.8mmの超極細工業用
内視鏡です。
この内視鏡は、微細な部分や狭いスペースにアクセスする必要がある業界向けに設計され
ており高解像度でクリアな映像を提供することができます。
また、使い勝手にも配慮されたデザインで、操作が簡単で直感的です。

主な特長は以下の通りです:
1.内視鏡の直径は1.8mmでストレート穴への挿入が推奨されています。
  (曲がりくねった穴への挿入は自己責任となります)
2.広角レンズを搭載しており、わずかな隙間から内部を広範囲に観察することができます。
3.カラーCMOSイメージングセンサーを使用し、画素数400×400の高品質な映像を提供します。
4.高輝度の白色LEDを使用しており、マニュアルで調光が可能です。
5.USBインターフェースを介してPCに映像を出力し、撮影した画像を直接保存することが
  できます。
6.USBインターフェースを介してスマートフォンにも出力可能です。
  (iPhoneは非対応、一部のAndroid端末のみ対応)
  ただし、すべての機種や端末での動作を保証しているわけではないため、事前にデモ機
  での動作確認をおすすめします。

HNL-1.8CAM120の仕様は以下の通りです:

型式     :HNL-1.8CAM120
先端径    :φ1.8mm
焦点距離   :3〜50mm
視野角    :120°
照明     :白色LED(一部ライトガイド)調光機能付き
防水性    :防滴
推奨使用温度 :0〜50℃
画素数    :400×400
イメージセンサ:OVM6946(OMNIVISION)
有効長    :標準1m(最大6mまでオプション対応可能)
オプション
 側視アタッチメント(外径φ2.2mm、長さ100mm 最大300mm)
 ストレートアタッチメント:外径φ2.2mm ,長さ100mm(最大300)
*製品URL : https://spieng.com/article/111/

        

ご興味がある方は、弊社までお問い合わせ頂ければと思います。
ご連絡をお待ちしております。

Small ISP(Image Signal Processor)のご紹介

新しい世界を覗いてみませんか?世界最細(φ0.98mm)工業用内視鏡!!

関連記事