Quectel

ワンポイントアドバイス

2022.11.24(2022.12.05 更新)

こんにちは。
加賀デバイスのQuectel Teamです。
ワンポイントアドバイスのページを立ち上げました。
評価時や開発時に役立つ情報を掲載致します。一助になれば幸いです。

EVB+TE-Aを使った消費電流の簡易測定方法

LPWA向け製品では、しばしば、消費電流(消費電力)の算出が極めてが重要な課題になります。
しかしながら、実際には電波環境やネットワークの状況によっても大きく左右されてしまうために机上での計算は極めて困難となります(MAX値で算出する方法もありますが現実的ではないとの声をよく耳にします)。その様な時にお役立ちするのが、この電流ロガーであるPowerHunterです。
PowerHunterと対象製品を接続し、実際に使用する環境で消費電流ログを取得することで実態に近い情報を入手することが可能になります。ここでは、評価ボード(EVB)と対象のセルラーモジュール(TE-A)及び電流ロガー(PowerHunter)の接続方法を紹介致します。

1.必要なハードウェア
 ①WindowsPC
 ②EVB(UMTS&LTE EVB-KIT JP)
 ③TE-A(LPWA向け製品例:BG96TE-A、BG95-M6TE-A、BG770A-GLTE-A)
 ④PowerMonitor(PowerHunter専用測定装置)
2.必要なソフトウェア
 ①QCOM(Quectelセルラーモジュール制御ソフト:EVB-KITに同梱)インストール不要
 ②Quectel_LTE_Windows_USB_Driver(専用USBドライバ-) インストール必要
 ③PowerViewer(PowerHunter専用PCアプリ) インストール不要

この状態でセルラーモジュール及びPowerHunterを起動し、Qcom経由で通信制御を行うと消費電流の変化を即座に測定(ロギング)可能となります。

今回は評価ボード全体での消費電流の測定方法の紹介となっておりますが評価ボードを改造することでセルラーモジュールそのものの消費電流を測定(ロギング)することも可能です。詳細は問合せ下さい。

新製品情報

よくある質問

関連記事